FC2ブログ

sola第6話「イケニエノチ」

今回は茉莉と蒼乃がついにご対面。
いかにも知り合いっぽい2人。
そんな2人が出合ってどうなるのでしょうね。
それでは感想いってみましょう。


杖をついてあるくローブを被った人物。
それは依人でした。
てっきり茉莉かと思いました。
もしかして依人は昔は夜禍で、現在はなんらかの方法でなんとかなって
ついでに記憶を失ったとか?
日の光の当たらない洞窟に入った所で蒼乃が心配して
依人に駆け寄ります。

「大丈夫、それより茉莉は?」
「依人?」
「見つけたんだ、手がかりを。
 もしかしたら茉莉を空の下に連れ出せるかもしれない」


そこで夢から目覚める茉莉。
これは過去にあった出来事と見るべきでしょうね。
そうなると何故依人が一緒にいるのでしょうね?
これで茉莉と蒼乃が知り合いというのは確定かな。
まぁ、未来の映像っていう見方もあるですけどね。

依人は倒れた茉莉を心配して付き添ってたのね。
眠ってる依人の頭の上に手を置く茉莉。

「暖ったかい・・・」




茉莉はどうやら自分が夜禍で狙われてる事を真名に話したみたいね。
また狙われるんじゃないかと心配する真名ですが、茉莉が言うには
辻堂はしばらく腕が動かないと思うから大丈夫って事らしい。
人間じゃないと分かっても普通の態度のままの真名に疑問を持つ茉莉。

「なんとなく覚悟は出来てたからね」
「覚悟?」 
「依人がただの家出少女を家に置いとくはず無いもん。
 きっと何か事情があるんだろうなって。それに・・・」
「ん?」
「嫌いじゃないから。あなたの事」


そんな簡単に覚悟出来る話でも無いような?
でも相手が茉莉なので信用出来るのかもね。

8時ちょっと前まで寝てる依人。
それを学校に遅れるよと起こしに行く茉莉。
どうやら朝焼けを取りに行ってて起きれないようです。
ここで茉莉の必殺技が炸裂。

「アイアンクロー」

仲がよろしい事で。

病院で見て貰う辻堂。
繭子も一緒に付いて来ているようね。
どうやらわずかに壊死に似た症状があると。
辻堂は繭子に言われて仕方なく来たみたいね。
あくまでもこの事は繭子には隠し通すつもりのようです。
繭子は夜禍と何かあったと気が付いてるみたいだけど。
そしてそのまま歩き出す辻堂。
それを追いかける繭子はこよりとぶつかります。
繭子は気を付けなさいよと言ってそのまま辻堂を追いかけます。
この衝突は伏線って所かな?

遅れましたと蒼乃の病室に入るこより。
真名さんと言った途端、チョップが(笑)
蒼乃もチョップするのね。
こよりから真名が雨が降ったら話があるから依人と
一緒に来ると言う事を聞きます。
詳しい事は来てから話すと。
茉莉の事でしょうね。
蒼乃の表情は険しいです。
過去に何かあって会いたく無いのかな?

学校の屋上で空の写真を撮る依人。
一緒にいる真名は呆れてます。
太陽ってどんな感じか教える為にふとんを干してきたようです。

もう出て行ったりしないと指きりをする茉莉と依人。

真名は本当に明日、蒼乃に茉莉の事を話すのか問います。
もう隠しておけないってのはその通りだと思います。
蒼乃にどう説明するのかという話になります。
依人は友達と紹介するつもりだったようです。

「蒼乃さんが見ず知らずの男連れてきて、友達だから一緒に
 暮らすって言われて納得する?」


これはとても分かりやすいたとえですね。
流石の依人も納得したようで。

「こういう時は方法は1つしか無いんじゃないかな」

恋人作戦ですね!
それでも納得しなさそうな気もするけど。

家で依人は茉莉にこの事を話します。
茉莉の返事はOK。
明日の天気予報は雨って事で練習するらしい。
どう練習するのでしょうね?

「私、依人の恋人になるんでしょ?」
「え・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・」


逃げ出す依人。
こらこら、逃げちゃダメでしょ(^^;

病室では不機嫌な顔の蒼乃。
指から血を一滴、折り紙のカエルに垂らしました。
そしたらその血がしみこんで消えちゃいます。
これを動かす事が出来るのかな?
それで一体何をするのかは分かりませんけど。

干したふとんって言うのはお日様の臭いがするんだと茉莉に教えます。
そして目の前にある干したふとんに横になる2人。
お日様の臭いが気に入る茉莉。
即効で寝ちゃいます(笑)
その頭をなでる依人。
茉莉の依人の恋人恋人になるんでしょと言う言葉を
思い出してしまいます。

「まさかな・・・」

良い感してますね。
茉莉は起きてました。

「ねえ、依人。依人って好きな人いるの?」
「え?」
「いるんだ」
「別にいないけど・・・」
「そう?・・・じゃあ、キスしよっか」
「か、からかうな!」
「からかってるように見える?」


からかってるように見えると思います(笑)
そしてキスしようとする依人。
それを見て笑っちゃう茉莉。
やっぱりからかわれてました(笑)

「しないよ、依人には。
 明日楽しみだなぁ。依人のお姉さんに言いたい事一杯あるし」


どんな事言うのでしょうね(笑)

「言わなくていい!
 おまえは初めまして四方茉莉です。蒼乃お姉さん意外の単語は!」
「蒼乃・・・」」
「分かったな!
「依人のお姉さん、蒼乃って言うの?」
「あれ、言ってなかったっけ?」


やっぱり茉莉も蒼乃の事を知ってますね。

次の日、皆で蒼乃に会いに言ったものの睡眠中。
寝てるのを起こすのは悪いって事で待つ事に。
これ、絶対寝てないよね。
とか思ってたらやっぱり起きてました。




結局、面会終了まで寝たまま。

「意外と寝た振りだったのかも」

茉莉は良い感してますね。
ここで茉莉がいくつか質問。
蒼乃が入院したのは3ヶ月くらい前のようです。
真名は病院で依人と知り合ったらしい。
てっきり幼馴染なのかと思ってました。
蒼乃は入院する前は元気だったらしい。
そして入院の原因はよく分からないと。
そんな話をしてると茉莉は出歩いてる蒼乃を発見します。
電車が到着。
茉莉は久し振りに歩いて帰りたいと言ってここで皆と別れます。
これは蒼乃を追う気ね。

早速、蒼乃を探す茉莉。
そこへ折り紙のカエルが。

雨漏りしまくりな協会に不満な繭子。
辻堂はまだ手がまともに動かないようね。

カエルに案内されてついに茉莉と蒼乃はご対面。

「最近やっと力が戻ってきたの。使いすぎた力が・・・」
「倒れたのはそのせい?」
「不老不死の夜禍人は○○。そのくらいしか理由は無い。
 そしてその間にあなたは現れた。
 でも、いい。いつかこうなるんじゃないかって思ってたから・・・
 永遠に時を生きる間・・・」


茉莉の前で首を切る過去の映像。
これは一体どういう事なのでしょうね?
○○の部分はよく聞き取れず。
蒼乃も夜禍で何かで力を使いすぎたのね。
力が戻ってきたのに倒れるってのはどういうことなのかな?
茉莉が現れると何か不味い事でもあるのかな?

「依人は?」
「弟よ」
「嘘!?そんな訳ない!依人は・・・」
「弟よ・・・たった1人の弟・・・」


蒼乃が夜禍でずっと生きてきたのなら確かに弟ってのはおかしいかもね。
でもアバンの映像では2人一緒にいたですし。
茉莉の事を知ってたみたいだし。

依人の家ではすき焼きに白菜を入れるかどうかで言い争ってました。
こよりはなんとかなだめようとしてます。
そこへ茉莉が帰ってきました。
白菜を入れるかどうか詰め寄られますが入れないと返答。
この状況なら私でもそういうかな。
白菜くらい入れてもいいとは思うけどね。

そこへ蒼乃が入れると言って入ってきます。
看護師に依人達の事を聞いて追いかけて来たという事するみたいね。
外出許可も取ってきたようです。
皆は蒼乃を心配するけど、蒼乃はこのままここに残る事を認める事を
茉莉を居候させる条件と言って納得させます。

「これでエロい事も出来ないね」
「あたりまえだ!つーか、もともと何もしてないし」
「されそうにはなったけど(/ω\*) 」
「「ええ!!!」」
「で、デタラメ言うな!何時しようとした?」
「したよ!ふとんの上で」
「「ええ!!!」」
「あ、あれはおまえが誘うから」
「ええ!本当だったの!?」
「違う・・・」
「大変申し訳ありませんが依人さんの印象を変えさせて頂きたいと思います」
「だからぁ、ふとんというのは・・・
 ほら、太陽に干すとお日様の臭いがするって言うだろ?
 あれでだなぁ・・・
「あれでって何よ!」


そして真名とこよりは勘違いしたまま帰って行ってしまいました。
流石、茉莉です(笑)
その会話を聞いたらどうみても勘違いするよね(笑)

茉莉は1つだけお願いがあると蒼乃に頼みます。
何を頼むのでしょうね?

茉莉と依人は夜の学校に侵入。
依人の教室を見学。
学校の事はテレビでしか見た事無いらしい。

「でも、1人じゃない。それだけで、幸せだよ」

本当にそれはそう思うですよ。
1人は寂しいですから。
茉莉は多分今までずっと1人だったでしょうから余計にそうよね。
そして今度は写真を撮る場所って事で屋上へ。

「私が寝てる間、私が知らない世界で」
「すぐに知ってる世界になるよ」
「え?」
「俺が・・・連れ出すから」


嬉しそうな茉莉。
でも何か辛そうな?
町を見下ろして静かだという茉莉。
過去の映像が流れながら茉莉は語ります。

「ねえ、聞いた事ある?人がどうして眠るのか・・・
 人はね。眠ってる間に苦しさや不安や憎しみを全部捨てていくの。
 そして軽くなった心で朝を迎える。
 闇の中に苦しみは消え澄み切った空と新たな時間が人々を歓迎する。
 夜禍はそんな夜に捨て去った人々の苦しみと
 不安が集まって出来た物」
 人がもっとも忌み嫌う、もう1人の自分」


誰か立ち上がって外に出て行ったですね。
依人かな?
そして蒼乃が生き返る。

「なんで生き返らせたりしたの!
 依人のいない世界で行き続けていたくない!」


蒼乃のクビを切って死んで依人が起き上がって外の世界へ。
そして蒼乃も復活。
これは一体どういう事なのでしょうね?
依人好き好きな蒼乃にすれば絶望するのは当然かもね。

「だから、夜禍は1人なの・・・」
「茉莉・・・」
「1人で生きていなくちゃいけないの・・・」
「そんな事は・・・」


そして依人とキスをする茉莉。

「言ったでしょ・・・からかってなんていないって・・・」

からかってたのじゃなかったのね。
案外本気かもとは思わなくはなかったですけどね。
そして茉莉は何処かに行ってしまいます。




「ま~ゆこ」
「何?」
「おにぎりの具なんだが、
 どうしても食べなければいけなくなったらどっちを食べる?
 ○○味のカカオとカカオ味の○○」
「最低・・・」


○○の部分は何言ってるかよく分かりませんでした。
でも多分、変な物なのでしょうね。
コメントで教えてもらいましたけど、○○はおかかだそうです。
おかか味のカカオとカカオ味のおかかという事になります。

茉莉はまた依人の前から消えようとしてますね。
来週は依人が茉莉を探して連れ戻す話なのかな?

この記事に対するコメント

TBありがとうございました。

>○○味のカカオとカカオ味の○○

「おかか味のカカオとカカオ味のおかか」だったと思いますよw

【2007/05/14 15:01】URL | ラス #JUGsyThY[ 編集]

こちらこそTBありがとうございます。
おかかってのは思い浮かばなかったですよ。
でも、言われて見ると何で思い浮かばなかったのでしょうね(^^;
教えて頂き、ありがとうございます。
ちなみに食べるならおかか味のカカオかな。
こっちの方がまだ食べれる気がするですし。

【2007/05/14 23:52】URL | らびこ #Mx7HUfJ6[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://rabiko.blog13.fc2.com/tb.php/575-12a801f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

sola 第6話

『イケニエノチ』ウチは入れません。<白菜理由:水っぽくなるからえーと……。あまりにいろんなことが一気に判明したので、よくわかってません(汗)。順番に整理します。まず、蒼乃は夜禍人でした。そして、 世界の端に腰を掛ける【2007/05/13 00:17】

sola #6

依人が蒼乃に茉莉と同居していることを話そうとしたことから、物語が新たな方向へ動き始めました。辻堂撃退の翌朝も、通い妻・真名と愛人・茉莉は仲良く一緒に食事しています。(^^;真... 日々の記録 on fc2【2007/05/14 09:36】

sola 第6話「イケニエノチ」

今回も冒頭から回想というか昔の記憶のシーンです。 いきなり前回の蒼乃の表情の意味がわかりましたね。多くの方が予想していた通り二人は知り合いだったようです。 真名は夜禍人の事を聞いて普通に納得したようです。 適応能力高いなぁw 珍しく繭子がよく喋り ラスの憂鬱な?日記【2007/05/14 15:01】

sola 第6話「イケニエノチ」

博士「お前も蝋人形にしてやろうかっ!」助手「古い、古いなぁ・・・」 電撃JAP【2007/05/14 22:14】

sola 第6話

第6話いきなりなんだこのシーンと思ったら夢でした。 主婦Yのアニメ話~ Y no Anime【2007/05/15 03:43】

sola 6話「イケニエノチ」感想

sola color.I (初回限定版)今より、ずっとずっと昔、身を寄せ合って生きていた、三人。その時も彼は少女に、空の下に戻すと誓っていた・・・『今』と同じ様に。茉莉、蒼乃、依人・・・しかし、依人は恐らく、茉莉を空の下に帰す方法を見つける為に死んだ・・・。.... 月の砂漠のあしあと【2007/05/15 21:45】

sola 第6話「イケニエノチ」

でもひとりじゃない、それだけで幸せだよ――。人は、夜に眠り。心の闇を捨て去る…そして澄み切った新しい空の下に生きる…夜禍は、闇の中に捨てられた苦しみから産まれた。孤独な宿命のものたち…茉莉と蒼乃の SERAらくblog’L’【2007/05/19 02:39】