FC2ブログ

ひとひら 第12話「ありがとう・・・ございました!」

ひとひらもついに最終回。
残すは卒業式。
見所はちとせの告白、野乃×美麗、野乃×麦かな。
それでは第12幕の感想、まいります。


屋上に向う野乃。
そこには麦が待っていました。




もうすぐ卒業式。
野乃に出来る事を考える麦だけど何も思い浮かばず。

教室ではちとせが告白して断わられたらどうしようと
甲斐の前でため息をついてます。
桂木は野乃が好きなのでまず断わられると思うです。
甲斐は佳代の変わりになるつもりなのね(笑)

麦は佳代と電話。
野乃&桂木は合格したらしい。
理咲は合格してないっぽいね(笑)
演劇部主催の合格祝賀会に演劇研究会のメンバーも
呼ばれてるみたいです。
そこで久し振りに先輩達に会う事に。

そして祝賀会。
美麗は滑り止めは合格で本命はこれかららしい。
野乃は演劇部が2つに分かれてしまった事を皆に謝罪。

「もう終わった事なんだから・・・ね」
「皆が許してくれたんだから、これで心残りは無いわ。
 安心して卒業出来る」


トイレに行く桂木。
ついにちとせが動き出します。
緊張しまくりですね(笑)
理咲はいないと思ったら合格して無いから呼んでないらしい。
きっとバレて殺されるのでしょうね(笑)

トイレから出てくる桂木を待ち伏せ。
ついに告白です。
途中で泣き崩れはしたものの無事告白です。
でも予想通り、見事に玉砕(ρ_;)
ちとせも野乃に勝てるわけ無いって思ってたみたいね。
桂木の早口言葉を言ってる間に戻るというちとせ。
最終回まで早口言葉を言わされる成田さんは大変そうね(笑)

合格祝賀会の事が理咲にバレちゃいましたね。
合格はまだ決まってないらしい(笑)
そこへちとせ&桂木が戻って来るけど様子は何時も通り。
泣いたまま戻る訳にもいかないですしね。

野乃にはちとせから告白されて断わった事はバレてるみたいね。
合格祝賀会が終わって野乃と桂木は一緒に下校。

「俺、本気で好きな人がいるんだ」
「物好きね」
「この1年でそれは充分分かった」


これも告白のようなものね。
そしてちとせはというと麦と甲斐の前でこう言います。

「いいんだ、これで。
 家に帰ったらまた泣くかもしれないけど、
 でも、片想いよりはずっといい。
 想いは伝えたんだし、後悔はしてない。
 これで、卒業式はしっかり見送れる。
 ・・・ね!」


ちとせは強い子ね。
麦は家に帰る途中で野乃や美麗の事を思い起こし、
そして家で手紙を書きます。

「時間は止められない。じゃあどうする?
 卒業する先輩達に何か出来る事。
 おせっかいでもいい。
 何もしない、何も出来ないままの麻井麦は、嫌だ」


野乃の下駄箱の中に手紙を入れる麦。
一体何を書いたのでしょうね。




ついに卒業式です。
野乃は下駄箱に入ってる手紙を見つけます。

そわそわする麦。
卒業式開始って事で講堂へ集まれとの放送。
会長さんの喋り方が面白いです(笑)

「伝えたい事が一杯で上手く言えない。
 無理です。だからひとつだけ・・・」


そして卒業式は無事終了。
美麗は例の衣装の所にいました。
そこへ野乃がまだ着てないと言って登場。
麦が伝えたかったってのはこの事だったのね。

「美麗。私、もう・・・一緒に舞台に立ちたかった・・・」
「らしくない。いやに素直じゃない。
 私達の夢は終わるけど、きっと輩達がまた」


何時か麦がこの衣装を着たりするのかな?
その後、野乃は屋上で麦と会います。

「このままじゃダメな気がしたんです。
 初めてあの衣装を見た時、凄く感動したんです。
 この前、榊先輩に聞いてやっと理由が分かりました。
 あれは想い。野乃先輩と榊先輩、2人の。
 2人の夢だったんだなって。だからんなにも眩しくて憧れた。
 でも、ずっと憧れるだけだった私が夢を見る事が出来たんです。
 先輩のおかげで凄く綺麗な夢を。
 何の取り柄もなかった私にもずっと続いて
 欲しって夢が出来たんです。ひとひらって夢が!
 先輩とさよならする前にそれを伝えたくて」
「これはあなたが見せてくれた夢よ」


そして一緒に踊りだす2人。

「ああ、やっと分かった。
 自分が願えば広い世界が受け入れてくれるって。
 先輩達と佳代ちゃんが少し先に進むだけ」
「演劇に出会えて良かった。この学校で良かった。
 待っているわ。あの橋の向こうで」
「卒業・・・おめでとうございます」
「ありがとう、麦」


ここの見せ方はとても綺麗ですね。
そして野乃は上級生の面々と帰って行きます。

「せんぱーい!ありがとうございましたーーー!」

屋上からお礼を言う麦。
去っていく先輩達。

「俺はいるからさ」
「うん、ありがとう甲斐君」


そして春になり、麦も先輩と呼ばれるように。
最後に演劇研究会の扉が閉まり物語は終了です。




最初にアニメ化を知り、公式ページでのアニメ絵を見て
若干不安になったけどプロモを見てこれなら良さそうと
思って期待しながら見てたひとひら。
最後まで上手く纏めてくれました。
文化祭で終わるのかと思ったら卒業までやってくれましたし。
地味で派手さは無いけど安定して楽しませて貰いました。
何時か第2期をやってくれる事に期待です。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://rabiko.blog13.fc2.com/tb.php/619-b69435b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひとひら 第12幕「ありがとう・・・ございました!」

ひとひら 第12幕「ありがとう・・・ございました!」 ひとひら 第2巻桐原いづみ 西森章 樹元オリエ Amazonで詳しく見る by G-Tools 今期のアニメで最初の最終回です。 野乃達3年生がいよいよ卒業となります。 演劇部主催の3年生を送る祝賀会に演劇研究会も招待され、そ +7 アニメ・声優情報局【2007/06/21 00:03】

ひとひら 最終回

『ありがとう…ございました!』うおおおおぉ、ちとせぇぇぇ~~~。・゜・(つДT)・゜・ちとせの告白シーンは、マジで息を呑む思いで見入ってしまいました。正直、最終回は、ちとせが全部持ってったって感じで 世界の端に腰を掛ける【2007/06/21 01:58】

ひとひら 。。。。 第12幕 ありがとう…ございました!(最終話)

もともとは、我が麗しの 雪野五月さま が 出演なさる というので見た作品ですが、当初、ライバル役との設定でしたから 最後は 和解して ストーリーも お開きか? と 想像したりもしました。ですが、文化祭後の ストーリーでは 親友とは 何か といった ある意味 カタチ的.... 幻影現実 私的工廠 ブログ【2007/06/21 06:00】

ひとひら 第12話(最終話)「ありがとう…ございました!」

ひとひら 第12話(最終話)「ありがとう…ございました!」 恋華(れんか)【2007/06/21 15:05】

ひとひら #12

ついに、今回でこの作品も最終回です。(;_;)卒業してゆく野乃たちに、思いを伝えたいと思う麦。しかし、どうやって何を伝えたらいいのか、なかなか答えが出せません。そんな中、演劇... 日々の記録 on fc2【2007/06/21 20:55】

ひとひら 第12幕「ありがとう… ございました!」(最終話)

佳代ちゃんの留学で打ちのめされ、野乃たち先輩の卒業を目前にしても立ち直れないイジイジした麦を描きつづけ、「私の戦いはこれからだ!」的にまとめたのは、ちょっと尻すぼみ気味だが、まあまあか。小さくまとめてしまっ Cross Channel【2007/06/21 21:47】

ひとひら 第12話(最終話)「ありがとう…ございました!

私にもずっと続いて欲しいって夢が出来たんです。ひとひらって夢が――。麦の声を野乃が訊いたことから始まった話も最終幕。卒業していく野乃たち、残る麦たち、それぞれの道に歩き出す…野乃と美麗の夢。麦たちの夢―― SERA@らくblog【2007/06/22 02:45】

[終]ひとひら #12「ありがとう… ございました!」感想

最終回は少しアニメオリジナルを含んでいますね野乃先輩がいきなり謝りだしたーオリナル全身全霊の告白キタ━━━(゚∀゚)━━━いつもの早口言葉でいつもの自分に戻るこれは泣ける(ノ∀`)卒業していく先輩に何かしてやりたいと思う麦屋上での野乃先輩と麦の掛け合い(;´Д サブカルなんて言わせない!【2007/06/22 04:41】

ひとひら 第12幕(最終回)

最終回の第12幕は、野乃達が卒業していくお話でした。私が見ている中では今期最初の最終回。ちょうど1年を12話で描いて、最後もしっかりまとめてくれました。演劇部主催の合格祝賀会。皆一応何らかの大学には合格しているらしいですが、理咲だけは合格してい.... パズライズ日記【2007/06/22 08:39】

(アニメ感想) ひとひら 第12話 「ありがとう…ございました!」

夢、ひとひらこの学園に入り、最初の一年が終わろうとしていた。演劇研究会に入り、仲間達と過ごした一年・・・そして、それぞれが選んだ道へと進むため、去り行く者達。麦は、卒業する先輩に何が出来るのか考え続けていた・・・。 ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2007/06/23 05:06】

ひとひら 第12幕 ありがとう…ございました!

神奈 ちとせ(オリナル)私、先輩のこと、本気で好きです!!やっぱり桂木先輩は野乃さんを選ぶかぁ。オリナルが完全に無理だってことは半分分かっていたけれど、本当に桂木先輩が野乃さんに惚れ 礎 -ishizue-【2007/06/23 11:03】

レビュー・評価:ひとひら/第12幕 「ありがとう…ございました!」

品質評価 60 / 萌え評価 10 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 2 / シリアス評価 33 / お色気評価 10 / 総合評価 20レビュー数 96 件  三年生の卒業の日まであとわずかとなり、演劇部と演劇研究会との 合同の合格祝賀会が開かれる。未だ合格は決まらないながらも いつも通り... ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/08/31 21:28】