FC2ブログ

sola 第13話(最終話)「ソラ」

蒼乃に振り下ろされる刀。
戦いは茉莉の勝利での結末。
この先、蒼乃はどうなってしまうのか。
そんな感じで終わった12話ですが果たしてこの最終回で
どういう結末を見せてくれるのでしょうね。
それでは最後の感想、まいります。


振り降ろされる刀。
蒼乃は依人を突き飛ばして避けました。
避けるという可能性もあった事を忘れてました。
茉莉の一瞬の迷いがあったから避けれたのですね。
しかし肩にはかすり、ダメージを受けたようです。
茉莉に攻撃しようとする蒼乃。
依人は茉莉をかばいます。
たまらずその場から走り去る蒼乃。
依人は茉莉を心配するけど茉莉にはもう時間がありません。
剣で体を貫いてる訳ですしね。

蒼乃は傷が治らなくなっていました。
肩に攻撃を貰った分、夜禍の力が落ちたという事ですね。

茉莉は依人におんぶされて移動。
空を見て依人と出会った頃の事を思い出します。
雲の事も詳しくなちゃってますね。

「ごめんな・・・結局、見せてやれなかった・・・
 本物の空・・・」
「ううん、見せて貰った。何度も何度も君が見た空を。
 追いかけていた空を。胸を通して・・・」


それは見たといえないような(^^;
そして依人が崩れ落ちます。
蒼乃の夜禍の力が落ちて体が崩壊し始めてるっぽいですね。
茉莉は依人をおいて蒼乃の下へ行く事に。

蒼乃と茉莉はお互いに昔の事を思い出します。
村に崇りがあるから命を捧げないといけないという蒼乃。
何でかは分からないけど茉莉がそんな事をするはずが無いと。
ただ1人ここにいるだけで誰も不幸にしたりしないと。

そして蒼乃と茉莉出会います。
お互い、それぞれの事を考えていました。
茉莉vs蒼乃の再開です。
蒼乃は夜禍の力が落ちてるのでずっと剣の形を維持出来なくて
何度も作り直しながら戦ってます。
そんな状態でもまだ蒼乃の方が強いみたいね。
茉莉を地面に叩き落し、茉莉が落とした刀を手に取ります。

「これで、終わる!茉莉ぃぃぃいいい!!!」

依人が茉莉をかばって剣で貫かれ、そして紙に戻っていきました。
泣き叫び錯乱する蒼乃。

「依人・・・もう迷わないよ。これで元通り・・・全部・・・」
 蒼乃・・・あげる。私の命」


剣で貫かれる蒼乃。
結局運命を変えることは出来なかったのね(ρ_;)
蒼乃からしたら依人を剣で刺し殺す事になり、依人のいない世界で
人間になって生きながらえさせられる。
依人のいない世界で生きていたくないという事で自殺した
蒼乃がこの先、生きていけるのかな?

そして夜が明けます。

「もしも許されるのなら最後にもう一度だけ、願っていいですか?
 3人で見上げたあの時の空を、辿り着けなかった遠い約束」


洞窟の中で横になり天井に描いた空を見上げる3人。

「これが・・・空・・・」
「そう」
「茉莉が、何時か見る」





ダンボール箱の中で寝てる所を少年に見つかる繭子。
少年よ、驚きすぎ(^^;

「何時か言おうと思ってたんだが・・・」
「え?」
「年々、服のセンスが悪くなってるような」
「最っ低!」


告白するのかと思うじゃないの(笑)
でも服のセンスは落ちてるかも。

「剛史はどうして逃げなかったの?」
「何の事だ?」
「何でもない。忘れて」
「逃げる訳、無いだろ」
「え?剛史」


良い雰囲気ですね。
雨が止む前にと出かける2人。

あれから1年後。
電車で駅に降りる蒼乃。

こよりは折り紙を折って楽しんでます。
真名の友人が来て真名さんと言ってしまいチョップを貰うこより。
そして友人に責められて悪者になる真名(笑)
ファミレスではヒゲダンディがいなくなって
落ち込みまくりな人が約1名。
1年立っても立ち直れてないのね。
真名はバイトを止めた理由は憶えてないようです。
止めた理由は何かを変えたかったんじゃないかなと。

折り紙の本を買おうとするこより。
しかし置いてある本まで手が届かず。
それを取ってあげる蒼乃。
その後、こよりは蒼乃に折り紙を教えます。
真名の名前が出た途端、チョップの構えをする蒼乃はステキ。
こよりと折り紙を折る蒼乃は幸せそうね。
じゃあまたと言って去る蒼乃。
去り際に名前を聞くこより。

学校では依人が座ってた机と空を見る真名。
依人の事を思い出すとか?
真名は屋上に向かい、そこで蒼乃に会います。
蒼乃は制服のスカートが短すぎてスースーするのが
気になるようですね。
蒼乃は転校生としてここに戻ってきたようです。
真名は空大好きっ子になっていました。

「なんでだろう・・・多分前に・・・
 分からないけど、好きなんだと思う。
 空を、大好きなんだと思う」
「私も、大好き。
 この大きな空は、何処までも繋がってるから。
 人と海と町と、そして夜と」
「夜?」
「そう、空の向こうは夜空。1つの同じ、繋がった空」
「そうだね」
「だから私は空の下を歩く。2人がくれた、空の下を」


いきなり走り出す真名。

「おーーーい、空!大好きだぞーーー!!!」

この叫びだけ聞いたら真名は凄く変な人だ。
そして手を取り合って走り出す2人。




真名とこよりは蒼乃と一緒にお出かけです。
夜明けの写真を撮るのが目的のようですね。。
自販機でお金がジュースが出なくて困るこより。
蒼乃が蹴りいれましたよ(笑)
ベンチにはトマトしるこが2つ。
茉莉を思い起こさせますね。




ついに終わってしまいました。
蒼乃は依人の事を吹っ切れるようには思えないとか
茉莉はやっぱり酷いなぁとか、依人も同じだとか、
こういう訳で私はあまりすっきりしなかったりします。
最終回はこんな事にはなりましたけど全体的には
solaは面白くて毎週楽しみでした。

この記事に対するコメント

やはり、蒼乃は依人の思いを吹っ切れたんではなく、茉莉に消されたと見る方が自然ですよね。
茉莉、回が進む事に嫌な女になっていきましたねえ・・・(-"-;)

【2007/06/30 23:25】URL | ちはや #B7q/.fmY[ 編集]

消されたとうい可能性もありましたね。
もしそうなら茉莉のやった事はう~んって感じかな。
蒼乃にとっては可哀想な話です。

【2007/07/03 08:57】URL | らびこ #Mx7HUfJ6[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://rabiko.blog13.fc2.com/tb.php/638-9077f3f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

sola 。。。。 第13話 ソラ (TV放送 最終話)

ダラスで ケネディー大統領が暗殺された際、大統領の頭部を貫通した銃弾は、オープンカーでパレード中だった車の車体後部上面(トランクルームのドア)に 大統領の 脳ミソを 飛散させた。隣に同乗していた ジャクリーン婦人は 咄嗟に 身を隠すのではなく、身を乗り出して 散.. 幻影現実 私的工廠 ブログ【2007/06/30 21:47】

sola #13

予想外の展開に驚かされた作品でしたが、今回でとうとう最終回です。依人に押さえつけられた蒼乃でしたが、茉莉は蒼乃を剣で刺す瞬間に少しだけためらってしまいました。剣は蒼乃の左... 日々の記録 on fc2【2007/06/30 21:48】

sola 第13話(最終話)「ソラ」

空の向こうは夜空…、ひとつの同じ繋がった…、空――。縛られた思いは空へ解き放たれ…。いつか見た、たどり着けなかった空へ…。記憶も面影も、すべて消えても、空への思いは変わらない。夜につながる青い空へ SERA@らくblog【2007/06/30 22:53】

sola(最終話)

{{{第十三話「ソラ」}}}{{{蒼乃と茉莉の最期の戦いが始まった。自分の大切なモノを守ろうとする蒼乃と、彼女の全てを奪おうとする茉莉。蒼乃の執念ともいえる能力は神祖である茉莉をも凌駕し、彼女を追いつめる! だが、寸でのところで依人が茉莉をかばい、蒼乃は自らの手 マンガとアニメの感想録とか【2007/06/30 23:24】

[終]sola #13「ソラ」感想

剣のせいで夜禍の力が弱まる蒼乃茉莉と死闘を繰り広げますがその勢いで依人にトドメをさしたなんとも皮肉な結果に(ノ∀`)すべてが終わり朝日を浴びますが何もないってことは・・・普通の人間に戻ったんですね辻堂の何気ない一言wwあの服いいと思うけどなぁ、色はちょっと サブカルなんて言わせない!【2007/07/03 01:39】

sola 第13話(最終回)

蒼乃が人間に戻るお話。最後はそこまで予想外でもない終わり方でした。とりあえず、石月姉妹がもう一度出てきてくれて嬉しかったです。茉莉は剣を振り上げるも一瞬の躊躇で蒼乃を刺すまでには至らなかったようで。とはいえ左肩はかすめただけでも夜禍の力が使えな.... パズライズ日記【2007/07/03 16:31】

sola 第13話 ソラ

石月 真名オーイ!ソラー!好きだー!大好きだぞー!!なんかこういった、いかにもHAPPY ENDっぽい方向へ持っていくような終わり方に落ち着くのであれば、今までの激しいバトルっていらないような気が…。 礎 -ishizue-【2007/07/05 00:15】

sola 13話「ソラ」感想(終)

sola colorII(初回限定版)蒼乃の物語は、二人によって終り、二人によって始る・・・。二人が居なくなった後、自分が人間として生きていく意味。二人の想いを理解するまで、一年間、彼女はどれほど苦しんだのでしょうか・・・。スベテガツナガルソラ 月の砂漠のあしあと【2007/07/06 00:32】

sola 第13話「ソラ」

よろしければ押してやってください→   初音島情報局【2007/07/06 23:58】

レビュー・評価:sola/#13話「ソラ」

品質評価 50 / 萌え評価 18 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 43 / お色気評価 7 / 総合評価 21レビュー数 96 件 #13話「ソラ」 のレビューです。 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/09/15 20:11】