FC2ブログ

コードギアス 第24話「崩落のステージ」

ついに待ちに待った放送です。
ゼロvsスザクにカレンvsスザク。
オレンジやニーナも行動を起こします。
それに黒の騎士団とコーネリアとの戦い行方はいかに!
そしてコーネリアの行方はいかに!
見所一杯です。
それでは感想いきます。


「CODE-R、なるほど・・・
 活動電位とニューロフェラメントが異常数値でした。
 理解は幸せ。
 私を活動実験体にして再現しようとしましたですね。
 この病を!」
「CODE-Rは病人では無い。
 ともかく大人しくしてくれんか。
 貴行の脳細胞はウィルスの動脈鱗から・・・」
「言い訳無駄!
 あなたを本国送りにした恨み、こんな形で頂きました!」
「分かった、後でいくらでも話を聞くから本国に戻ろう。
 こんな状態では会話すらもまともに出来ん」


C.C.はCODE-Rと呼ばれていたのね。
オレンジを使ってC.C.を再現しようとする所をみると
バトレーは詳しい事までは知らないって事かな。
その力を解析して再現する実験段階って所でしょうね。
バトレーもこれをなだめるのは大変よね。
オレンジは何気に右目が涙目です。
それにしてもこの喋り方は面白い。
そこへゼロの演説が聞こえてきて苦しみ始めるオレンジ。

「ユーフェミアの仇、ここで討たせてもらうぞ、ゼロ!
 正々堂々と正面からな!」


0時まで待つ。我が軍門に降れ!と言う言葉で外苑守備の
システム担当職員にギアスが発動。
外苑崩壊へ向けて作業開始!
ギアスにかかってない職員が止めようとするけど撃たれて終わり。

「コーネリア。正面からの戦いに囚われたおまえの負けだ!」

0時になり外苑が一斉に崩壊!
黒の騎士団を迎え撃つ為、外苑に布陣したのが
仇になったコーネリア。

玉木は凄いと関心。
ディートハルトはどうやってと考え、ヴィレッタやオレンジの
考えが正しかったとの考えに行き着きます。

「ふっ、ならば素晴らしい。そう、世界の前には人は駒でしかない」




後は政庁陥落の映像と共に独立宣言を世界に向けて発信すれば
嫌でもブリタニア皇帝が出て来ざるを得ない。
直接会う事が出来れば全てが終る。
そう上手く行くのかな?
仮にそこまで上手く行っても逆にやられそうな気はするよね。

3番隊は報道機関、6番隊は公安部、特務隊は滑走空域、
それ以外は正面から攻め込みます。
コーネリアはブリタニア政庁まで交代を宣言。
なんかキューエルっぽい人が乗った機体が動けなくなってます。
キューエルの訳は無いけどね。
それをコーネリアは気にかけてたのだけど、
そこへ藤堂が攻め込んで来ます。
それをギルフォードが藤堂を迎え撃ちます。

「今のうちに政庁へ!」
「この私に部下を置いて逃げよと言うのか!」
「姫様は生きねばなりません!ユーフェミア様の為にも!」
「はっ・・・」
「私は姫様に選ばれた姫様を守る為の騎士!
 ならばここは、私こそが!」
「分かった、命令だ。生きて帰れよ、我が騎士ギルフォードよ」
「イエス・ユア・ハイネス!」


ギルフォードが格好良いです。
でも、死亡フラグにも見えてしまいます(ρ_;)

0番隊は特務達と共に学園地区へ!
その中の学園の中の1つに司令部を置きます。
扇も学園に配置されます。
どう見てもアッシュフォード学園よね。
襲われたヴィレッタはその相手を返り討ち。
記憶が戻ったのね。

特派は研究開発が目的でやるべき事も全て終っていて
提督からも出撃命令もでいない。
だからここを出ると命令違反。
スザクはキレてロイドを殴り飛ばします。

「トウキョウにはゼロがいるんだ。
 俺は俺の手でゼロを倒す。
 邪魔はさせない・・・俺がやるんだ!」


スザクが壊れてきたですね(^^;
ロイドじゃなかったら命令違反や上官へ危害を加えたって
事で拘束されてるですよ。
何気に自分の呼び名が僕から俺になってますね。

ギルフォードの元へグラストンナイツが到着。
ダールトンの生死が不明でもコーネリアに仕える事が最優先。
ここは陽動だけど正面の敵を潰せば民兵ばかりで雑魚。
カレンやゼロがいるけど概ねその通りです。

ガウェインのハドロン砲で航空戦力を一掃。
G1は神楽耶に任せ、ディートハルトに予定地への
移動をするように連絡。
吉田は雷光の準備、玉木とラクシャータは移動中。
カレンはバックアップに回る。
藤堂の元には対象が現れたと。
対象ってグラストンナイツ?
扇に協力者の名前を聞きます。
篠崎咲世子と言う名前を聞いてハッとするゼロ。

ブリタニア本国では宮廷内で会議が開かれていました。
議長は第一皇子のオデュッセウス。
どうやら中華連邦も動いているようですね。
皇帝は何処かに行ってていないようです。
和平の準備は出来て、使者を決めて欲しいと進言する配下。

「急に言われてもねぇ・・・
 ユーフェミアの件は明らかに失態だし、
 処理を間違えると全てのエリアが・・・」


オデュッセウスはこういうのは向いてなさそうね。
第2期でシュナイゼル以上の敵として出てくると思ったけど
これは人畜無害そうね。
使者にはシュナイゼルが向う事に。

「悲しいじゃないですか・・・人が殺しあうのは・・・」

コーネリアは政庁だけ守り、武力の拡散を避け、
援軍を待つ作戦です。
ディートハルトはテレビ局を占拠。
テレビ局の人はディートハルトを見てビックリです。

玉木は生徒会を占拠しにやってきました。
格好をつけ反抗するリヴァルを銃で殴ろうとする玉木。
やって来たゼロに止められます。
カレンもいるですね。
ゼロは司令部として使わせて貰う事を伝えます。
身の安全は保障すると。
ナナリーを戦いが終るまで黒の騎士団に守らせるってのが
本当の目的なのね。
信じられないと言うリヴァル。
カレンは自分の正体を明かします。
皆、カレンを見てビックリ。
ミレイに学園全員の生徒に手を出さないと約束します。

「ねえ、私に何をしたの?」
「え?」
「私がどれだけ怖かったか・・・
 2人でやったんでしょ?私に何か?」
「は?」
「酷いよ・・・酷い・・・」


それを聞いてゼロはどう思ったのでしょうね?
ゼロの正体がルルだとは言わないのね。
そこへランスロットが来たとの知らせを受けます。




キレたスザクは大暴れ。
雷光を撃ってた吉田はランスロットに斬られて死亡。

「ゼロは何処だ!俺はゼロをぉぉぉおおお!!!」

V.V.からギアスの力を聞くスザク。

「ユーフェミアは何故急に人が変わった?
 ルールを遵守しようとした君は式根島で何をした?
 つまり・・・」
「人を操り、記憶を失わせる力。
 そう考えれば今までの事も全て辻褄が合う。
 おそらく私はその後遺症でイレブンなどと!
 あの学生。ルルーシュ・ランペルージュこそ諸悪の・・・」


V.V.は何故、スザクにギアスの事を教えたのでしょうね?
ヴィレッタの分析力は素晴らしいです。
扇には情は沸いてなくて嫌悪感一杯なのね。
しちゃってますからねぇ(^^;

ランスロットで暴れるスザクの元へ紅蓮二式でカレンが登場。

「スザク!」
「カレンか!」
「戦場で会った以上、悪いけどここで死んで貰う!」
「君は馬鹿だ!君も日本人もあんな男に騙されて!」
「その言い方むかつくねぇ!
 あんたにゼロの何が分かるって言うの!」
「じゃあ教えてくれ!ゼロを!ゼロは今、何処にいる!」


スザクvsカレンの戦いが開始されます。

「さあ、答えろ!ゼロは何処だ!」
「言うはずが無いだろ!裏切り者が!」
「じゃあここで終わりにする!」
「空を飛べるからって調子に乗るな!」


ランスロットの左腕を捕まえ、吹き飛ばすものの、
紅蓮二式の右腕を破壊されます。
輻射波動を失ったカレンの負けが決定されます。

「さあ言え!ゼロは何処だ!」
「しつこい男は嫌いなんだけど・・・」
「そうか・・・ならここで・・・」
「くっ・・・」
「何か言い残す事は無いか?」


カレン絶対絶命という時にゼロがガウェインで登場。

「柩木スザク、君に対する執着が私の甘さだったようだ。
 断ち切る為にも一騎打ちにて決着を付けたいのだが」
「望む所だ!」


一騎打ちで勝てるとは思えないので何か策があるのでしょう。

朝比奈はエナジーフィラー補給所を押さえたと藤堂に報告。
千波と千葉も合流させる事に。
補給完了後、政庁を押し出すようです。
ギルフォードは政庁の布陣を敷き終えたようです。
戦いが長引けば黒の騎士団が不利になると。
75時間後に太平洋の艦隊が到着。
エリア11では佐渡と飛島の部隊が出てるようです。
到着はあと30分後。
それを騎士団にリークさせます。
指揮を低下させる気ね。
グラストンナイツはギルフォードと政庁の守備。
そしてコーネリアは宴の準備です。

「ゼロォォォオオオ!!!」

オレンジはあれからずっとこんな状態なのね。
ダールトンはわき腹を押さえながら帰還中。

学園地区は扇、メディア地区はディートハルト、後詰には
神楽耶がいるので後は後方を押さえれば勝ち。
そこへ不審者を捕らえたと報告が入ります。
その不審者はヴィレッタでした。
扇がこんな事してるとは知らないはずなので
素で捕まったっぽいかな?
直属の報告員と嘘を付いて2人きりで話を聞く事に。
扇死亡フラグです。

ニーナを心配したり、カレンの事で頭を悩ます
ミレイとリヴァル。

「大丈夫よ!黒の騎士団は・・・いえ、ゼロは絶対に
 私達に危害を加えないから!」


ルルだって分かってるから言い切れるシャーリー。

「卑怯者!人質のつもりか!何が一騎打ちだ!」
「仲間になる機会をことごとく裏切ったのはおまえだ!
 くだらん美学にこだわった事を悔いるがいい!」


学園を背後にして学園を人質にとる形に対峙するゼロ。
ゼロがここを狙う訳無いとおろおろするシャーリー。
いや、どうみても罠だから!
懐に入って攻撃をしようと突っ込むスザク。
そこには罠があり、C.C.の合図で咲世子さんが
罠を発動させます。
そしてランスロットは機動不能。
これの対策をとる時間は無かったようです。
ランスロットはラクシャータの好きにさせる事に。

「ゼロ!おまえは最後まで人を騙して、裏切って!」
「ふん!偽善なる遊びに付き合うつもりは無い!
 さらば柩木スザク」


流石に政庁の守りは堅く苦戦したるようです。
敵の空中戦力が援軍で到着。
爆撃されたら終りの状況なのだけどハドロン砲で一掃。
恐ろしい威力ね。
ゼロは政庁の上から攻め込みます。
機体能力に頼るのは危険だと藤堂に諭されるけど
分かってる、混乱を作るだけだと。

「似ているな」
「アリエスの離宮に」
「何故、知っている!」
「話してやるよ。いずれ、その時が来たらな」


マリアンヌと繋がりがあるので知っててもおかしくは
無いですね。
2人がどういう関係なのかは分かりませんけど。

「ようこそゼロ。
 やはり空爆情報に誘い出されてここに来たか。
 さあ、歓迎の宴だ。舞踏会はお好きかな?」


コーネリアの顔が怖いです。

扇は何故ここに来たんだとか、安全な場所を
探すからとかヴィレッタに言います。

「その・・・隠していて悪かった。
 でこれは平和の為にやっている事なんだ。
 ゼロがブリタニアから日本を解放すれば
 俺達は一緒になれる」
「気持ち悪いことを言うな!
 私とおまえみたいなイレブンが一緒になれる?
 ふん!私の名はヴィレッタ・ヌゥ。騎士候だ!」

 
銃を奪われ撃たれる扇。
扇が撃たれた報告を受けた南。
南はその事は広めず、ヴィレッタだけを探せと指示。
この隙を突いてミレイとリヴァルとシャーリーは
スザクを助けに行きます。

「ゼロ・・・ユーフェミア様の」
「仇ぃぃぃいいい!!!」


ついにガニメデ起動です。
そしてコーネリアはゼロと戦闘。
スペックでは圧倒してるはずなのにボコボコに
やられるゼロ。
今回の場合はパイロットうんぬんよりもユフィの仇って
事で執念がそうさせてるのでしょうけどね。

「泥弱者が!捕まえた!おまえの命はまさに今、
 私の手の中に!これが裁きだ!」


ゼロは絶体絶命。
その時、コーネリアの機体に槍が突き刺さります。

「姫様、ダールトンです」
「何故だ・・・」
「ご安心を。お命までは頂きません」
「間に合ったか」
「ゼロに姫様を差し出す為・・・はっ!
 姫様・・・何故!?」
「ありがとう、ダールトン」
「姫様ぁぁぁあああ!!!」


やっぱりあの時、ギアスをかけられてましたか。
用済みになったダールトンは死亡。

V.V.はナナリーを迎えに来ました。
ルルの弱点を突いてきたですね。




25話へ続きます。
全体的な感想は25話の方で。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://rabiko.blog13.fc2.com/tb.php/684-ac9ff41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュ 第24話「崩落のステージ」

世界を外れた力――ギアスを手にした少年の起こした戦い。多くの流血を伴う戦い…それは自らの兄弟すらも手にかける運命となり…。ささやかな幸福を望んだ戦いは全てを憎悪と破壊へと導いていった。そして、世界を壊 SERA@らくblog【2007/07/29 19:24】

コードギアス 反逆のルルーシュ 第24話「崩落のステージ」&第25話「ゼロ」

感想最後の方書けなかったので前回までの内容ちゃんと覚えてなくて困る;とりあえずまとめて感想参ります。 ミナモノカガミ【2007/07/29 20:06】

コードギアス 反逆のルルーシュ #24「崩落のステージ」

2000アクセスオーバーしたキラータイトル今夜復活!ついに来ましたこの時が! このために夏まで待ったのです! ついに視聴できて幸せです(*´▽`)ニパー 今回のコードギアス感想は24話、25話に分けてうpし ラピスラズリに願いを【2007/07/29 20:17】

コードギアス 第24話感想 『つぶれろ!古きものよ。』

 コードギアスSTAGE24 『崩落 の ステージ』 の感想です! 待ってました!コードギアス!!ですがあまりにも書きそうな予感がしたので話数ごとに感想を区切りました!まあもともとそのつもりでしたし・・・。 荒野の出来事【2007/07/29 21:58】

24話『崩落 の ステージ』&25話『ゼ ロ』

★24話『崩落 の ステージ』一斉蜂起したイレヴン達を率いてブリタニア政庁を目指す黒の騎士団。それを迎え撃つべく出陣するコーネリア。その租界が突如崩落した。地盤を支える構造体自体を破壊するという恐るべき手段 コードギアス 反逆のルルーシュ トラックバックセンター【2007/07/31 08:02】

コードギアス 反逆のルルーシュ stage24「崩落のステージ」

待ちに待った最終回スペシャルですよ。 fluorite【2007/07/31 11:26】

レビュー・評価:コードギアス 反逆のルルーシュ/Stage24『崩落のステージ』・25『ゼロ』

品質評価 15 / 萌え評価 10 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 35 / お色気評価 19 / 総合評価 17レビュー数 320 件 24話『崩落 の ステージ』一斉蜂起したイレヴン達を率いてブリタニア政庁を目指す黒の騎士団。それを迎え撃つべく出陣するコーネリア。その租 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/07/31 14:44】

コードギアス 反逆のルルーシュ 第24話 「崩落のステージ」&第25話 「ゼロ」

ギアスがある時に限って仕事とかいろんなことが忙しすぎるのは誰かの陰謀ですか?wというわけで、遅くなりましたがギアス行きます!早速、改造オレンジがキタ^^やっぱり口調が変wすっかり変わってしまったよう リリカルマジカルS【2007/08/01 14:14】

コードギアス 第24話

キャプ職人ではないため、記事にしても華やかさはないし、文章にしてもそんな文才があるわけじゃない。ネタ系記事がかけるほどの力もない。それでもコードギアスが好きだと声を大にして、示すための自分に RAY=OUT【2007/08/01 21:33】