FC2ブログ

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話「ファイナル・リミット」

ついになのはとヴィヴィオの戦いが決着。
クアットロもふっ飛ばしますよー!
ヴィータも頑張ります。
シグナムとゼストも見所ですね。
それでは感想いきます。


■ヴィータ
体がボロボロになりながらも駆動路まで到達です。
ヴィータはリミットブレイクを使用して攻撃。
しかし全然破壊は出来ず。
防衛モードが働き駆動路に接近するものは無条件で攻撃される状態に。
迎撃発動で一杯敵が出てきたですね。
その敵がヴィータに向けて一斉射撃。
この状況で駆動路を壊すのはかなり厳しそうね。
援護が欲しい所。
やはりリインが来るのかな?

■アースラ
次元航行部隊到着まであと45分。
ゆりかごの機動ポイント到達まであと38分。
主砲の照準はミッド首都に向けられてます。
という事は到達されたら終わりですね。
予想通りクロノの出番は無さそうですね。

■はやて
中に突入を決意。
そこへアルトから大事なお届け物があるから少し待って欲しいと連絡が。
大事なお届け物おはリインの事ですね。




ゆりかごの中を進むピンクの光の球。
リインがヴィータの所へ移動してるのかな?

■なのは
ヴィヴィオを拘束するもののすぐにちぎられます。

「WAS エリア2終了。エリア3に入ります。あと、もう少し」

これは何かの準備?
なのははブラスター2を起動。
フィンファンネルが2機出て来ましたよ(笑)
そして再びヴィヴィオを拘束。

「ブラスタービット・クリスタルゲージ!ロック!」

更に結界を張って閉じ込めます。
ヴィヴィオは拘束をちぎって決壊をパンチで破壊へ。
破壊されるのも時間の問題といった所ね。

クアットロはブラスターをどんどん使わせろと指示。

★ブラスターの正体
・ブラスターは術者の耐えうる限界を遙かな自己ブースト
・撃てば撃つほど、守れば守るほど術者もデバイスも命を削る

優秀な前衛がいて後先考えない一撃必殺を撃てる状況なら
おっかないスキルだけど、こんな状況なら役に立たない。
しっかり分析してますね。

■キャロ&エリオ
地雷王が暴走してキャロ達を攻撃。
それを防いだのはガリュー。
ガリューは上空の地雷王を、エリオは地上の地雷王の相手をする事に。

■シグナム&ゼスト
シグナムの動向を断るゼスト。
理由はルーテシアを救い、スカリエッティを止めないといけないから。
スカリエッティはすでに逮捕、ルーテシアもすでに
保護に動いてる状況。

「ならば俺の成すべき事はあと1つだけか・・・」

武器を構えるゼスト。

「夢を描いて未来を見つめたはずが何時の間にか
 随分と道を違えてしまった。
 本当に守りたい物を守る、ただそれだけの事のなんと難しい事か」


ゼストとシグナムの一騎打ちの開始です。
シグナムの一撃でゼストは武器を破壊されます。
素手で殴りかかるゼスト。
シグナムは容赦なくゼストを一閃。

■ヴィータ
駆動路を壊せないヴィータ。
でも出てきた敵は一掃したようですね。
これをぶっ壊さなければはやてもなのはも守れないと
最後の一撃を繰り出して駆動路に一撃を放ちます。
それでも破壊出来ず、逆にアイゼンが破壊。
ヴィータも力尽きて落ちていきます。
守れなかったと謝るヴィータ。
そこへ現れたのははやてとリイン。

「謝る事なんてなんもあらへん」
「あ・・・はやて・・・リイン・・・」
「はいです」
「鉄槌の騎士ヴィータとグラーフアイゼンが
 こんなになるまで頑張って・・・
 それでも壊せへんもんなんてこの世の何所にもある訳無いやんか」


どうやら最後の一撃は効いていたようで亀裂が入り駆動路は粉々に。




■フェイト
ラボは通路が封鎖されます。
クアットロが自爆装置を作動させたようですね。
止めさせてというフェイト。
スカリエッティの体内にはコピーがいるので
もはやこっちのスカリエッティは用済み。
という事で止める理由は無し。


■なのはvsクアットロ
防御機構フル稼働、予備エンジン駆動、修復機能開始。
まだまだと強がるクアットロ。
そんなクアットロの所へ光の球が。
光の球はなのはがクアットロの居場所を調べる為の
エリアサーチとして動かしていたようで。
ヴィヴィオを拘束するなのは。
しかしクアットロのいる場所は最深部なのでここまでは
来られないと言うクアットロ。
言いながら気が付いちゃったようですね。
そうです、壁抜きです。

「ブラスター3!ディバイン・バスターーーーーー!!!」

なのはの容赦ない砲撃にクアットロ\(^o^)/オワタ。
これによりガジェットは起動停止。
ハクテンオーとガリューの暴走も止まります。

■なのは&ヴィヴィオ
拘束を解くヴィヴィオ。
ヴィヴィオは自我を取り戻すものの体は自由にならないようで。
もう帰れないと言うヴィヴィオ。

駆動路破損、管制者不在、聖王陛下の戦意喪失という事で
自動防衛モードに切り変わります。
艦載機を全部出撃させて艦内の敵の排除に入ります。
いつの間にかはやてとリインがユニゾンしてますね。
ヴィータはどうしたのでしょね?

戦うなのはとヴィヴィオ。

「ヴィヴィオ、今助けるから!」
「ダメなの、止められない・・・」
「ダメじゃない!」


なのはを吹っ飛ばすヴィヴィオ。
自分が昔の人のコピーでなのはとフェイトが本当の
ママじゃ無いと知ってしまったようですね
ゆりかごを飛ばす為のただのカギで玉座を守る為の生きてる
兵器だと自分を責めるヴィヴィオ。
本当のママは元からいなくて守ってくれて魔法のデータ収集を
してる人を探していただけだと。

「違うよ!」
「違わないよ!悲しいのも痛いのも全部偽物の作り物。
 私はこの世界にいちゃいけない子なのなんだよ!」
「違うよ。生まれ方は違っても今のヴィヴィオは、そうやって
 泣いてるヴィヴィオは偽物でも作りものでも無い。
 甘えん坊ですぐ泣くのも、転んでもひとりじゃ起きられないのも、
 ピーマン嫌いなのも、私が寂しい時にいい子ってしてくれるのも、
 私の大事なヴィヴィオだよ。
 私はヴィヴィオの本当のママじゃないけど、これから本当の
 ママになっていけるように努力する。
 だからいちゃいけない子だなんて言わないで!
 本当の気持ちママに教えて!」
「私は・・・私はなのはママの事が大好き。
 ママとずっと一緒にいたい。ママ、助けて!」
「助けるよ」
「ああ・・」
「何時だって、どんな時だって!!!」


ヴィヴィオを説得完了。
感動のシーンですね(ρ_;)
でもどう助けるのでしょうね?

ヴィヴィオを拘束するなのは。
なのははヴィヴィオに少しだけ痛いのを我慢してと。
防御抜いて魔力ダメージでノックダウンさせるようです。
とりあえずボコボコにすれば何とかなるという事なのね!

「全力、全開!!!スターライト・ブレイカーーーーーー!!!」

それはちょっと痛い所じゃ済まないから(笑)
ヴィヴィオの体からレリックが出てきました。

「ブレイク・シューーーーーート!!!」

更に追加攻撃とは容赦無いですね(笑)
それによりレリックは破壊。
床に大穴まで空いてるのだけど(笑)

「ヴィヴィオ・・・ヴィヴィオ・・・」
「来ないで・・・」
「あ・・・」


幼女に戻ったヴィヴィオ。
来ないでというのは先程の砲撃で怖がってる訳じゃ無いですよ(笑)
どうやらひとりで立ち上がって歩いていくようですね。
私、もうゴールしてもいいよね?(違)

「強くなるって約束したから」

駆け寄ってヴィヴィオを抱きかかえるなのは。

■アースラ
ゆりかごの船速低下、上昇速度激減。
まだ動いて上昇してるのね(^^;
これなら艦隊の到着の方が早くなるようです。
クロノの艦隊の一斉砲撃タイムがありそうですね。

■ゆりかご
聖王陛下の反応ロスト、システムダウンという事で
全ての魔力リンクをキャンセル。
なのはと合流したはやては共に魔力を使えない状況下に。
こうなるとヘリの出番かな?
外に出れば魔力が使えるので飛び降りてでも出れれば大丈夫かな。
魔力使用不可でガジェットがいる状況なので
そう上手くはいなかいでしょうけど。

■シグナム&ゼスト
事件の真相が納めてあると言ってシグナムに指輪を託すゼスト。
アギトとルーテシアの事も頼まれます。

「アギト。おまえやルーテシアと過ごした日々、存外悪くなかった」
「う・・・う・・・」
「いい空だな・・・」
「はい・・・」
「俺やレジアスが守りたかった世界、お前達は間違えずに
 進んでくれ・・・」
「あ・・・旦那ぁぁぁあああ!!!」


ゼストついに逝く(ρ_;)

■地上
ティアナはギンガを背負ったスバルと合流。
ヘリで到着したシャマルとザフィーラも合流。
あの中ではまだ戦いが続いているといいながら出て来たヴァイス。
なのは達とは連絡が付かなくなってるようですね。

「インドアでの脱出と救助任務、陸戦屋の仕事場だぜ!」
「はい!」


ギンガはスバルに自分のデバイスを託します。

キャロとエリオはどっちに向かってるのかな?
多分フェイトの方かな?

「なのはさん・・・」

今度はスバルがなのはを助ける番ですね。




容赦ない攻撃でクアットロもヴィヴィオもなぎ払ちゃうのは
なのはらしいですね(笑)
クアットロを吹っ飛ばす所は気持ち良かったかも。
魔力を使えない空間が作れるならなぜ最初からそういう場所を
作らないのかなとは思いました。

★次回予告
・ユニゾンしてるアギト。
やっぱり相手はシグナムでしょうね。

・狙いを付けているヴァイスにすぐそのあとのティアナのカット。
なんだかティアナ×ヴァイスを思わせるけど全然関係ないと
言えば全然関係ないよね。

・六課解散
かどうかは分からないけど内容からしてそんな感じかな。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://rabiko.blog13.fc2.com/tb.php/744-34b724e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話 「ファイナル・リミット」

アニメディア 2007年 10月号 [雑誌]玉座の間についた、なのはを待ち構えていたのは、クアットロに精神を支配されたヴィヴィオだった。それは、救うべき魂・・・だが! 今、なのはとヴィヴィオの悲しき戦いが始まった・・・。 ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2007/09/18 02:33】

魔法少女リリカルなのはStrikerS 25話 『ファイナル・リミット』

呆気ない…(´・ω・`)ショボーン 尺が足りなくなるのは2クールでも同じでしたねー。ナンバーズの人数が多すぎたのも原因のような気もしますが…。 以下ネタバレです。 欲望の赴くままに…。【2007/09/18 04:15】

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話

萌えキャラ認定中:キャロ・ル・ルシエ『ファイナル・リミット』相変わらずの長文です(汗々)。ゼストは結局、自らの最期を選びましたか。うーん、それはちょっと不器... 世界の端に腰を掛ける【2007/09/19 00:08】

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話「ファイナル・リミット」

強くなるって約束したから――。守りたいものを守るために、強くなろとしてきた…。大事な仲間を、友達を、愛するものを――。育み守られたものは、次に繋がる絆となっていく…。そして、いつか約束の空へ――。 SERA@らくblog【2007/09/19 02:15】

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話 「ファイナル・リミット」

2週放置されたヴィータ。相変わらずピンチの連続なようで。なんか間が空いたせいで緊迫感がないです(^^;背中から串刺しにされた回の次にこれ持ってきてたら全く違ったんでしょうが。ん?もしかして今回作画はち リリカルマジカルS【2007/09/20 03:38】

◎魔法少女リリカルなのはStrikerS第25話「ファ...

∥ナノ:待ってて、ママが絶対助けるから。Жユリカゴ→ヴィータちゃんボロボロ。ヴィ:こいつをぶっ壊して止めるんだ。→機関部を攻撃するが、防御システム起動~空ハヤ:わたしも... ぺろぺろキャンディー【2012/11/14 20:58】